ラジコン・ヨットレースのを始めるには、走る原理・世界共通ルール・ミリ単位の調整・風の知識等が必要となってきます。奥が深くやればやるほど夢中になります。ラジコンヨットは玩具ではありません。ヨットの原理を理解しなければ操縦は難しいです。小学生以下では勉強しなければ操縦は難しいです。

ラジコンの電波はヨット見える範囲は届きます。ラジコンヨットは風速10m以上の風でも帆走できます。沈没することはありません。セールは風速に合わせたサイズのセール、A⁺・A・B・Cが有ります。その状況に合わせたセールを付ければ気持ちよく走り

レースに参加しなくても。ただ走らせるだけでも何時間も楽しめます。

旧中川のDFR東京フリートでのラジコンヨット・レースは、ドラゴンフォース65(DF65)とドラゴンフライト95(DF95)・RG65の3種類のクラスを週毎に開催しています。はじめはDF65が良いと思います。

レースを始めるには、まず通販で購入してください。(組み立てでわからない時は、掲示板に書き込むか、またレースの日の昼休みに来られても良いですよ。)

 購入しやすいのがラジコン1です。下記の3セットでレースに参加できます。走らせて楽しむだけならセット1、だけで楽しめます。

1,DRAGONFORCE(DF65)V6 YACHT RTR 完成艇(2.4GHz送受信機付)(26730円会員価格)受信機は少々高いですが国産がお勧めです。

2,DF65 50マイクロフィルムセール 微風 A⁺セール(ジブセールとメインセールのセット 3920円会員価格)

3,DF65 V6 Complete A⁺ Rig(エープラス) Assembly(3682円会員価格)

AリグとAセールセットは標準で付いています。

合計+送料(710) 

ラジコン1での会員価格で購入には、会員登録が必要です。登録だけで1割引き。

ラジコン1以外は、ホビーウエアハウス(オーストラリア)Dragon Sailing(米国)等で簡単に購入できます。ホビーウエアハウス(オーストラリア)Dragon Sailing(米国)パーツが豊富で手に入れやすく、注文から1週間程度で送られてきます。ホビーウエアハウスが最安(為替レートにより変動)ですがコロナで輸送時間が不安定です。

その他RCYachts UKCatsailSoch SailRadioSailingShop

現在世界で一番普及されている市販ヨットです。(ラジコンヨットは壊れにくく長持ちです。ただし旧中川は汽水域なので塩水のメンテナンスが必要です)組み立ては走らせるだけなら、2

時間~半日で簡単に出来ます。しかしレースに勝つには高度な調整が必要になります。ヨットのワンメークレース(同一艇)の場合は、ルールで改造は出来ないく使用部品にも制限があります。

ヨットのチューニング(トリム)・操船技術・ルール・戦術の習得等の勉強が必要です。

 ラジコンヨットは、風の強さに合わせ、微風用(A⁺セール)、微風から中風(Aセール)中風(Bセール)、強風(Cセール)が各リグ(マストとブーム)と共に必要です。 

レースに参加するには、DF65クラスはA⁺セール(エー・プラスセール)とAセールは必須。

セールナンバー;セールナンバーは 高さ80~100mmで任意の番号を2桁をジブセールとメインセールに二桁で表示します。

表示には、スタボード側は下・ポート側は上にジブセールとメインセール等所定の位置に表示します。油性マジックで書き込む(テンプレートはお貸しできます。)かショップで販売しているナンバーデカールを貼る。

また、ドラゴンフォース65とドラゴンフレート95に限りDFRジャパンでセールナンバー登録をしています。番号は任意で好きな番号(一部制限があります)を決めることができます。

セールナンバーは原則二桁です、掲示板で二桁のナンバーを申請してください。同一番号の登録もあります。もし、レース時に同じ番号のヨットがあった場合は、2桁の前に1をつけて3桁にして参加してもらいます。

 

ルール;ルールは日本セーリング連盟のセーリング競技規則(RRS)を適用します。(4年毎に発行している世界共通のルール)

初心者には難解なので最低限のルールをお教えします。また初心者には赤リボンを付けてもらいルールが理解できるまで免責でレースに参加することができます。リボンを付けることで免責特権が与えられます。ルールは複雑なので徐々に覚えてください。

ホームページ上にゲームルールがあります。そのゲームをしながら徐々に勉強して覚えてください。

レースに参加するには

当日の集合時間に、現地に集合してください。事前の申し込みは必要ありません。

1、エントリー登録(エントリーシートにフルネームで記入)

2、スキッパーミーティング参加

レース開始

1、レースはワンメイク(同じデザイン・同じパーツ)で競い合います。

2、スタートは初め5分前からのカウントダウン、次は3分前から。

3、ルールの適用はスタートラインに近づいた時から始まります。5分前からのカウントダウンでスタートします。

4、コースは2分前に口頭で説明し、その後コースボードに掲示します。風は変化するので2分前まで待って設定します。

5、初心者はリボンを付けることができ、リボンの特権はスタートシグナルの20秒前にスタート出来(コースによって30秒の場合も有る)、すべての艇に対して権利艇になります。リボン艇同士なるべくルールに則ってください。

6、コースは「スタートA・B(スタートラインはAとBの間)上マーク2番、下マーク5番、上マーク2番を回りフィニッシュA・B。すべてのマークはアンクロ(反時計回り)」と説明します。

トップ艇のフィニッシュから3分でそのレースは終了します。終了宣言の後速やかに次のヒートのためにスタートライン近くに集まってください。

7、レースは3連続ヒートして10分休憩します。それを4セットして12レースを消化します。風の状況でレース数が減ったり、記録レースは最大12レースをします。休憩は希望があれば延長します。昼食は12時頃に30~40分程度時間を取ります

8、飲み物・昼食は持参してください。ファミリーマートが近くに有ります。

 

レース終了

15時~16時頃レース終了。片付け・順位発表後に解散。

参加料は500円ですエントリー時に支払いしてください。学生は無料

その他必要な持物は、昼食・飲み物・折り畳みチェアー・カート等。

​川なので、冬寒く・夏は暑いです。

 

禁止事項

・テント(パラソルは使用可)

・火気の禁止

・大声や品のない言葉の禁止(公共の場ですから)

・釣り人や散歩・ジョギングの迷惑

・DFR東京では30分程度の体験帆走を受付けています。操作を知らなくても大丈夫です。(中学1年生以上、ヨット経験者や理解のある方は小学校高学年でも可)

 チョット走らせてみたい場合は開催日に声をかけてください。レースの合間に体験できます。

 

ボタン